CONTENTS

[コンクリートテクノ2023.12月号]

■C.T SPECIAL コンクリートで守る

 

命を守る「コンクリートシェルター」への期待

城國 省二 広島共同試験場 場長

 

関心高まる核シェルターと正しい認識を求める日本核シェルター協会

備えの意味と必要性

 

・お詫びと訂正

コンクリートテクノ2023年12月号の19ページ上段真ん中の画像の説明文について、

「厚さ20㎜の防爆扉」となっておりますが、正しくは「厚さ200㎜の防爆扉」です。

お詫びして訂正いたします。

 

飛来物衝突および接触爆発に対する鋼繊維補強PFC®の防護性能

岸良 竜 太平洋セメント 中央研究所 研究開発推進部 高機能コンクリートチームほか

 

次世代道路構想のシェルターとしての可能性

鋼矢板の本設利用で低コスト・短工期な地下空間

 

官公需増に期待のかかる防衛省の「マスタープラン」

4兆円のビッグプロジェクトによる生コン需要はいかに

 

 

■Chapter01

プラント訪問 宮崎生コン宮崎工場

■Chapter02

コンクリート標準示方書2023年制定[施工編] ~製造者・施工者が留意すべきポイント~

二羽 淳一郎 コンクリート委員会 示方書改訂小委員会 委員長

■Chapter03

レディーミクストコンクリートの異なる呼び強度の抜取り検査の事例と具体的な合否判定方法

■Chapter04

プラント設備の不具合対策集作成の報告

里本 竜郎 広島地区生コンクリート工業組合 技術委員会 品質技術部会ほか

■連載

にっぽんのCNは近いぜよ!“本気”の脱炭素技術

第二十回 土木学会:カーボンニュートラルに向けた

コンクリート分野の新技術活用に関する研究小委員会

コンクリート技術を通じたカーボンニュートラルへの方向性

加藤 佳孝 東京理科大学 理工学部土木工学科 教授

copyright © CEMENT SHIMBUN All rights reserved.