CONTENTS

[コンクリートテクノ2018.8月号]

■Chapter01 コンクリート業界で働く

佐々木健介・日立コンクリート 工場長代理

顧客の高評価に喜びと責任を実感

 

■Chapter02

土木コンクリートブロック業界の現状と施工時期の平準化の必要性

 

■Chapter03

JCI神戸大会・生コンセミナーから

事前協議、いまも課題

 

■Chapter04

マルチプルアーチ式へ設計変更した豊稔池堰堤

辻 幸和

 

■Chapter05 協組のチカラ・工組のチカラ

社会ニーズに対応できる生コン業界へ

香川県の優良工場表彰制度

 

 

■C.T SPECIAL 「信頼の証」としての安全

・座談会「生コン工場の安全対策」 安全意識を高めてゼロ災害達成を

・山﨑睦彦関東生コン輸送協会会長にきく ドライバーの安全や健康を確保する工夫が

 必要

・石灰石鉱業協会の鉱山保安に向けた取り組み 保安力の底上げ・向上につながる活動

 に注力

 

 

■CT SPECIAL2 生コン品質管理体制の強化と品質強化の取組み

・鶴田達哉・全生工組連技術委員会副委員長にきく

 生コン工場からの技術開発・提案を

・「社員全員が有資格者」を目標に

 アサノコンクリート品川工場

・少人数が能力をフルに発揮して工場運営

 新関西菱光尼崎工場

 

 

■連載

「Next STAGE」

「Art Meets CONCRETE」

 

copyright © CEMENT SHIMBUN All rights reserved.